忍者ブログ
あなたの見る空が綺麗な色でありますように
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日みたいに月が丸くて明るい日は、私の中のヒヅルがパッチェを呼びます。食べるのは星で、仕事も星をすくうことなのに、彼がパッチェを呼ぶ引き金になるのは、なぜか大きな月です。
でも、細い月のときは「うらぎり」と唱えてしまうから、その時はおそらく美嘘がいるのでしょう。美嘘と「うらぎり」については、椎名さんとの合同本「うつくしごと」に載せた「裏切りの月」というお話からです。まだ幼い、言葉を覚え始めた頃に、実の母親に三日月のことを「うらぎり」と教えられた少女のお話です。

(以下、抜粋)
 空に浮かぶ「月」をさして、あれはなにかと幼い私が問うと、母ははっきり
「あれは裏切りよ」
 と言ったのでした。

こういうことがあると、随分と彼らに浸食されたものだなあ、と思わずにはいられません。

あ、そうだ。11月9日札幌で開催されるコミティア1にサークル参加します。同じく参加される方はぜひ、スペースに寄ってってください。スペースNo.はわかり次第、こちらやツイッターでお知らせします。参加予定のない方も、近くにお住まいならコミティアのぞいてみてはいかがでしょうか。創作まみれでとっても楽しいイベントです。正直、私は座ってその場の空気を感じてるだけで楽しかったりします。

では、これにて。



PR
じゃあ、第一話はどこへ、という。実は三日ほど前にこっそり連載を開始しておりました。二話目からの報告になってしまいましたが、月と星と夜、少年と少女のお話「灯台守は灯台と共に死ぬ」をよろしくお願いします。

まだ始まったばかりですが、書きたいことはもう残りいくつかだけだったりします。最後と、それに続くための要素を二つほど。




一年間のつぶやきの中から、ある程度選別して一つの本にまとめることになりました。タイトルは「ヒトヒラ」、文庫サイズで本文74ページです、今のところ。サンプルが載ってるツイートへのリンクはこちら→https://twitter.com/hikonorgel/status/505345060569747456

通販しかないのが心苦しいのですが、送料込みで300円にしました。9月10日までのお申し込みで、「予約」という形をとらせていただきます。そして予約分だけを刷ってお届けすることをご了承ください。また、再版は予定しておりません。作るとすれば一年後に一年分、ですね。
そんな呟き集「ヒトヒラ」の予約フォームはこちら→https://ssl.form-mailer.jp/fms/a549b9bc317958

まとまりのない文章になってしまったかもしれません。何か気になる点、聞きたいこと等ありましたら、コメント欄か拍手、またはついったーのリプライおよびDMの機能をご利用ください。

ぜひお手にとっていただければ、と。

「夏」のない夏が今年もどうやら始まったようです。私は参加できないくらい遠くに来ているので、たまに送られてくるメールにニヤニヤするだけで夏を感じています。

さて今日は曇り空で、こちらは蝉も鳴かない静かで涼しい一日です。久しぶりに夜更かしできる夜なので、何をしようか「やらなきゃいけないこと」をほっぽり出して考えてしまいます。星でも見に、開けたところへと思っても、晴れ間はないので断念せざるをえません。どうしようかなあ。


ひとつ前の記事でお知らせした「うつくしごと」が、届きました。読みました。本をつくることにおいての一番の贅沢はやはり、誰よりも早く手に取り読むこと、なのではないでしょうか。そして読んで、本を完成させる。
しかし悔しいことに、間違いを早々に見つけてしまいました。見つけるならもっと前に、入稿前に見つけたかった……。仕事の方で疲れていたとはいえ、もうすこし落ち着いた日程でまとめられたらよかったかも、と反省。次に活かされることを、未来の私にのぞみます。
文庫、80ページほどというのは程よい量ですね。さらりと、そして短い話の集まりなのでテンポ良く読める気がします。



PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 空を愛す All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]