忍者ブログ
あなたの見る空が綺麗な色でありますように
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このたび、本サイトが八歳となりました。開設当初から二度名前が変わり、いまは「イロハ」になっています。八年前から見てくださっている方がいるのかどうだか、まあ、いないだろうとは思います。だんだんと、サイト名が短くなっております。もし次があるなら一文字になっているか、どどんと長くなっているかのどちらかでしょうね。
いつも活動しているのかどうなのか、曖昧なサイトですが、それでもポツリポツリとカウンターが回っているのを見ると嬉しくなります。ありがとうございます。感謝してもしきれません。
どうにかまだしばらく、やっていけそうです。


PR
去年九月に製作しましたツイート再録本「ヒトヒラ」に続きまして、第二弾「いっぺん」を発行する運びとなりました。少しずつまとめ始めていたら100ページに到達してしまいましたので、一年を待たずしての製本と相成りました。
そしてこの度「いっぺん」の刊行によせて、「ヒトヒラ」も再版することにいたしました。どちらも予約分しか刷りませんこと、ご了承くださいませ。(余部、というものがありますので少しは余裕がでるかもしれませんが…)
本の仕様は以下の通りです。

「いっぺん」2014年9月〜2015年3月分収録
サイズ:A6 本文:モノクロ100p フルカラーカバー付
値段:500円(送料別)
「ヒトヒラ」2013年9月〜2014年8月分収録
サイズ:A6 本文:モノクロ74p フルカラーカバー付
値段:300円(送料別)
サンプル(外部サイトBOOTHへのリンクです)→https://yumeno-hasikko.booth.pm/items/41451

予約フォームはこちら→https://ssl.form-mailer.jp/fms/a549b9bc317958
締切は5月10日です。なお、本のお届けは6月中旬を予定しております。
五月四日の文学フリマ東京への出展が決まっており、本日スペース確定のお知らせが届きました。
2階Fホール、ア-22
サークル名は「ひよこ豆」です。
新刊は、先日記事を書いた「わたしの椿鬼」と、ツイッターで細々と書いていた「森林2」の二冊になります。もしよろしければ、のぞいてみてください。お声がけいただければ、なお嬉しいです。


五月四日に東京で行われる文学フリマというイベントに、新刊を二冊持っていきます。そのうちの一冊を、今回は入稿記念に情報公開。

「わたしの椿鬼」
文庫サイズ 48頁 400円
人には、誰にも言えないことの一つや二つあるでしょうが、返ってそれは誰かに話してしまいたいこともあったりするのでございます。ちょうど今夜の心持ちがそんなものでありまして、ワタシは今日まで秘め事にしてきたあれこれを、目の前の紙にでも、話してしまおうかと思い立った次第であります。(本文抜粋)
そんな、一人の女を巡る、秘密と繰り返される死の物語。




こちらのカバーイラストは、唯さま(http://comorido.web.fc2.com/cankodori/)に描いていただきました。とっても美しいイラストで、まさにイメージ通り。内容も、私はとても好きで気に入っているので、読んだ方が楽しんでいただけますよう願うばかりであります。
唐突に。「春不知」がなかなか気に入っています。よく分からない虫と、余命宣告された少年の、死へ向かうお話。私の中ではアブラムシに似た形のような気がしているのですが、人によれば甲虫で読んでいたりもするでしょうか。翅があることしか、描写がないので、その辺りお好きに想像してやってください。
こういう見目の描写って、実際自分が小説を読むとき、かなりの割合ですっ飛ばして読むんですよ。目が滑りやすいというか。容姿の特徴ある部分で、それが物語に深く噛んでくるとなると、何度も出てくるのでそこは覚えます。あとは勝手に自分の中に像をつくって読んでいます。だから、かな。こんな書き方をするのは。
読み方も、書き方に現れるのかもしれません。


PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 空を愛す All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]