忍者ブログ
あなたの見る空が綺麗な色でありますように
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終話を追加しました。これにて、パッチェとヒヅルのお話は終わりです。

月の明るい夜はヒヅルが私の中に宿って、パッチェを呼ぶことがままあります。
そして大体のタイトルは省略して呼ぶのですが、これはいつまで経っても「パッチェ」としか呼べませんでした。きっとこれも、ヒヅルの気持ちになってしまうならなのでしょう。
PR
先日、ひさしぶりにお話を載せました。「僕と彼女と秘密の魔法」と「春不知」という二つです。どちらも短く、それぞれ二千字と千字程度。そしてどちらも、なかなか気に入るお話となりました。
「春不知」は、ついったーで募集をかけてスカイプでおしゃべりする、創作談義において珍しく実践的なことをした回にて生まれたものです。春になる前に死んでしまう彼らの物語。
「僕と彼女と秘密の魔法」は、もうタイトルまんまですね。ドジっ子魔法使い(成人済み)というキャッチフレーズのもと、書きました。すごく楽しかったです!こちらはおりかさんに相談にのってもらうことで、完成させることができました。ご本人にもお伝えしていますが、この場でもまた御礼申し上げます。ありがとうございました!

さて、書きかけのパッチェが消失するという非常にショッキングなできことがありまして。亀の歩みが、スタート地点に戻されてしまいました。また少しずつ書いてはいますが、意図せず、もう二度と出会えない状況をうんでしまったことがもう。
「灯台守は灯台と共に死ぬ」今しばらくお待ちください。



じゃあ、第一話はどこへ、という。実は三日ほど前にこっそり連載を開始しておりました。二話目からの報告になってしまいましたが、月と星と夜、少年と少女のお話「灯台守は灯台と共に死ぬ」をよろしくお願いします。

まだ始まったばかりですが、書きたいことはもう残りいくつかだけだったりします。最後と、それに続くための要素を二つほど。




Copyright (C) 2017 空を愛す All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]